2021年度 自治会の概要と予定

はじめに

 2020年5月より、「赤松自治会だより Akamatsu News」を発行。それに伴い、電子版としてこのブログを立ち上げました。このページは常にTOPページとしていますので、随時更新をかけます。特に行事予定は、新型コロナウィルスの影響で、中止や延期が増えますので更新を心がけます。2021年版として更新しました。

--------------------------------------------------------------------------------------

【更新履歴】

  • 2021.04.27 4月24日(土)開催の総会の結果に基づき、2021年度版として作成
  • 2021.11.06 今年度の行事予定を更新、11月以降

--------------------------------------------------------------------------------------

 私たちが住む赤松町にある「赤松自治会」は、戦後間もない昭和22年にこの地に建てられた神奈川県営住宅が母体となっています。その後、各戸に土地が払い下げられ、現在は一戸建ての住宅地に変貌しましたが、もとは2軒長屋が連なる公営の住宅です。

 最近になり、大型マンションのシエリア湘南辻堂が加入するまでは130世帯ほどの小さな自治会でしたが、高齢者住宅グレイプスの加入もあり、現在では約500世帯近い自治会となりました。

 従って、旧赤松自治会地区に住んでいる方々は超高齢化し、2代目も60〜70代になる状況です。そのため、紙媒体での広報紙をメインとし、このブログはやや若いネットを活用されている方々用に作成しています。作成は自治会副会長の風岡が担当しています。また、ご意見、ご要望がありましたら風岡まで。

赤松自治会の概要【2021年度】

役員(4/24改訂)

  • 会長:小宮
  • 副会長:村上、風岡
  • 顧問:豊嶋(7月まで)
  • 総務:宗田
  • 理事・会計:落合
  • 理事・総務・会計補佐:金子
  • 理事・YU-ZUルーム理事:竹内
  • 理事:中田
  • 理事・広報:稲垣(総括)、稲田(7月まで)
  • 理事・環境:谷川(環境指導員)、種子田(環境指導員)、大塚(7月まで)
  • 理事・スポーツ推進:鈴木
  • 理事・イベント担当:内田、磨田、原藤(7月まで)
  • 会計監査:小澤、デリヤン(7月まで)

防災リーダー(14名)

  • 小宮、風岡、鈴木、磨田、豊嶋、デリヤン、宗田、種子田、佐伯、我毛、山内、小澤、正木、山地

2020年度決算および2021年度予算

  • 赤松自治会会員専用サイトに掲載
    5月に全戸配布の「赤松自治会だより」の最下部に会員専用サイトへのログイン「パスワード」が記載されています。赤松自治会以外の方には教えないようにお願いします。

小宮会長挨拶(2020年度あいさつのまま)

f:id:Kaze1952:20210427161729j:plain

小宮会長

 高齢化の進む小規模自治会だった赤松は、シエリア湘南辻堂マンションの加入により、今では近隣6自治会の中でも平均年齢が最も若い自治会に一変しました。

 YU-ZUルームやどんぐり公園は、子供たちの元気な声と明るい笑顔であふれています。

 大勢になった小和田小学校に通う児童達を、毎朝見守りし、子供達から元気をもらう事が、今では楽しみな日課の一つになっております。

 一方、自治会活動に於いては防災訓練、盆踊り、炊き出し訓練等に参加して下さる会員は年々増えてきておりますが、私が当初掲げた世代間の違い、住環境の違いなどを乗り越え、互いに理解、協力し合って安全で安心な活気あふれる自治会にするには、まだまだ時間がかかりそうです。

 しかし今年度からはシエリアの方々が企画したイベントに旧赤松の役員が応援したり、役員同士の意見交換会を持ったりと、コミュニケーションを深めて行きたいと思っております。

 更に、風岡副会長が中心となり今まで無かった「赤松自治会だより」の発刊やブログの立ち上げにより、我が自治会をより知って頂けたら良いと思う今日この頃です。

今年度事業予定(11月以降):1月16日(土)更新

行               事 時間
2021 11月 3日(日) 組長会議 YU-ZUルーム 10:00~12:00
7日(日) 小和田コミセン祭り 中止
7日(日) 公園愛護活動  10:00〜
21日(日) 3自治会合同給水訓練 東小和田公園 10:00〜
12月 5日(日) 公園愛護活動 10:00〜
12日(日) 防災用テント設営・発電機運転訓練 赤松公園 10:00〜
12日(日) 感震ブレーカー説明会2回目 YU-ZUルーム  13:30~14:30
12日(日) 感震ブレーカー説明会1回目 YU-ZUルーム  15:00〜16:00
2022 1月 9日(日) 公園愛護活動 10:00〜
29日(土) 会長・副会長会議(総務関係役員参加) 18:00〜
2月 6日(日) 公園愛護活動 10:00〜
6日(日) ごみ有料化に関する説明会 1回目 YU-ZUルーム  13:30~14:30
ごみ有料化に関する説明会 2回目 YU-ZUルーム  14:30~15:30
13日(日) 役員会(次期役員・組長選出) YU-ZUルーム  13:30~14:30
20日(日) 小和田地区防災訓練(HUG訓練) 小和田複合施設   予定
27日(日) 小和田地区防災“も”まちづくりシンポジウム  13:00~15:00
3月 6日(日) 公園愛護活動 10:00〜
13日(日) 新旧組長会 YU-ZUルーム 10:00~12:00

自治会活動について】

 私たちにとって最も身近な自治会活動が「各種イベントの企画・運営」、「自主防災組織」、「環境指導員」、「公園愛護活動」および「パトロール活動」になります。実際の活動に関し理解をされていない方が多いようですので、簡単に報告します。(風岡副会長分は、不定期な会議が多いためこうなりました。)

  • 各種イベントの企画・運営:本宿自治会と共催の「納涼盆踊り」は、コロナ禍の影響で昨年は中止。代わりに「灯明点灯」行事を開催。また、「松林地区大運動会」もコロナ禍で中止となりました。小和田地区「コミセン祭り」もコロナ禍で中止。これらの運営には自治会役員の他、多くの住人が参加します。
    昨年は全て中止でしたが、自治会内に暮らす住人間のコミュニケーションを円滑にするため、とても役にたつ活動です。
  • 自主防災組織:防災リーダーが主になって災害発生時への対応を準備。防災テントや防災無線等の防災機器購入時は市から補助あり。小和田地区防災訓練参加や自治会内の炊き出し訓練、安否確認訓練等に参加。
  • 環境指導員:市に委嘱された環境指導員が主になり、ゴミ回収に関わる問題に対応。
    不法投棄問題は茅ヶ崎市環境事業センターと相談しながら対処。
  • 公園愛護会:市に登録した団体で、自治会内にある公園(赤松公園、第1号緑地〜第3号緑地)の美化活動を実施。市から報奨金あり。
    第1日曜日8:00〜(5月〜9月)、10:00〜(10月〜4月)防災倉庫集合
    毎回10数名参加
  • 防犯パトロール活動自治会内の夜間見回りの他、学童の登下校時の見守りやパトロール活動を実施。
    1.防犯パトロール:第1・3土曜日20時〜 防災倉庫前集合 毎回10数名参加
    2.学童の登下校時見守り
      ① 毎朝、赤松中央通りとチャレパ通りのT字路
      ② 毎朝、赤松中央通りと赤松北通りの交差点
      ③ 毎週月曜日、下校時4名で小和田小学校東門の近くの交差点で見守りとその後
        パトロール
     本活動は「推進協パトロール隊」のメンバーとして参加しています。

 

 公園愛護会やパトロール等の身近な活動には、参加資格は一切ありません。皆さんの善意のボランティアで成り立っていますので、多くの方の参加を期待しています。

【小宮会長:昨年度の活動実績】

自治会関連活動で、自治会内の会議の他に関連団体の会議が数多くあります。小宮会長の所属している団体は

  1. 小和田地区まちぢから協議会(毎月1回の役員会と定例会)
  2. 小和田地区自治会連合会  (毎月1回)
  3. 小和田地区社会福祉協議会
  4. 小和田小学校区青少年健全育成推進協議会(推進協) 学区委員
  5. 小和田地区まちぢから協議会 辻堂駅西口周辺まちづくり部会
    防災×まちづくりワークショップ(防災WS)企画検討会議(8回)
  6. 推進協パトロール隊(毎朝の見守り)
  7. 小和田地区コミュニティセンター運営委員会(年間7回)
  8. 体育振興会(松林地区大運動会有無打合せ及び総会)(年間3回)
  9. 本宿、赤松、赤松町3自治会給水訓練打合せ(年間3回)
  10. 本宿・赤松納涼盆踊り実行委員会(灯火祭5回程度)
  11. YU-ZUルームの運営委員会のオブザーバー、管理部会への出席(年間10数回)

新型コロナウイルスの蔓延により予定していたイベント(松林地区運動会、小和田地区防災訓練、コミセン祭り、納涼盆踊り等)が中止になっており例年ですと打合せ及び会議はもっと多くなります。さらに日常においては毎月の公園愛護活動を始め、会員からの相談、苦情等にその都度対応しています。

(特に、ゴミ問題に関しては数多くの対応をして戴いております)

【副会長:昨年度の活動実績】

 風岡副会長の所属している団体は

  1. 小和田地区自治会連合会
  2. 小和田地区まちぢから協議会/広報部会(略称:まち協)
  3. 小和田地区まちぢから協議会/防災部会
  4. 青少年指導員/広報部会(略称:青指 地区連・総会等もあり、神奈川県委嘱)
  5. 小和田小学校区青少年健全育成推進協議会(略称:推進協)役員
  6. 防災×まちづくりワークショップ検討会議(防災WS)
  7. 推進協パトロール隊(代表)

 昨年度の会議出席実績はコロナ禍の中でも、年間70回ありましたので、最低月に6回以上の会議があったことになります。(数回は欠席しています)

 このほかに、毎朝の「見守り活動」と月1回「公園愛護活動」、月2回「防犯パトロール」、毎週月曜日下校時の「見守りとパトロール」を行っています。

村上副会長は上記の表のうち、赤松自治会関係の会議に全て出席されています。

【小和田地区社会福祉協議会:落合理事 昨年度の活動実績】

 役員会は、例年通り開催されました。詳細は以下:小和田地区社会福祉協議会 

  1. 4月6日(火) 役員会
  2. 5月20日(木) 役員会
  3. 6月17日(木) 役員会
  4. 7月15日(木) 役員会
  5. 8月19日(木) 役員会
  6. 9月16日(木) 役員会
  7. 10月21日(木) 役員会
  8. 11月18日(木) 役員会
  9. 11月25日(木) 福祉のつどい
  10. 12月16日(木) 役員会
  11. 1月20日(水) 役員会
  12. 2月17日(水) 役員会
  13. 3月17日(水) 役員会
  14. 3月20日(土) 福祉を考える地区懇談会

コロナ禍であったため、例年開催の以下の4件の会合は、中止になりました。

  1. ボランティア会議   年2回
  2. 救急救命講習会    年1回
  3. ふれあい福祉バザー  年1回
  4. ふれあいサロン    年12回

【その他の活動】

 上記の他に、会議やイベント等に参加して活躍している方々は以下の通りです。

  1. 民生委員児童委員:菅野氏、野口氏
    詳細活動は以下:小和田地区・民生委員 児童委員協議会
  2. スポーツ推進委員:鈴木氏(松林地区体育振興会の役員として活動)
    詳細活動は以下:松林地区体育振興会
  3. 小和田地区まちぢから協議会役員:宗田氏
    詳細活動は以下:まちぢから協議会
  4. 小和田小学校区青少年健全育成推進協議会(略称:推進協):種子田氏
    詳細活動は以下:小和田推進協
  5. 小和田小学校区 青少年指導員:風岡氏
    詳細活動:青少年指導員は、市内19小学校区より5名ずつ選出され、合計95名が県知事から2年の任期で委嘱されております。茅ヶ崎市内および各小学校区で青少年の健全育成のボランティアとして、青少年の健やかな成長を願い、活動しています。4項目にある推進協の役員を務めます。下記サイト参照。

    茅ヶ崎市青少年指導員連絡協議会|茅ヶ崎市

 

Akamatsu News 第18号

 【赤松自治会だより】

 「赤松自治会だより」第18号を新年号として発行しました。


1.12月度 小和田地区自治会連合会報告

 小和田地区自治会連合会が12月9日(木)18:30から小和田コミセンで開催されました。小和田地区の6自治会から会長や副会長が集まり、市(行政)からの連絡事項や自治会内の情報交換を行っています。今回も、トピックのみ報告致します。

f:id:Kaze1952:20220115165821p:plain

小和田地区コミュニティセンター

(1)福祉政策課より大川課長以下4名が参加し、来年度の「民生委員・児童委員一斉改選にかかる地区説明」がありました。現在は、民生委員・児童委員は一期3年の任期で小和田地区から18名が選ばれており、全7,096世帯を見守り対象としています。令和4年12月の改選に向けて、各自治会長が適任と思われる方を今年度末まで選出し、最終的には厚生労働大臣の承認を受けます。

 民生委員・児童委員は、「常に住民の立場に立って相談に応じ、必要な支援を行う」ことを役割として担い、日頃から、支援を必要としている方がいないか友愛訪問を通して、把握しています。また、必要に応じて、行政や福祉関係機関のサービスを紹介するなど、適切な支援につないでいます。

(2)青少年課より、青少年指導員改選時期に当たるため、推薦協力の依頼がありました。

(3)『「男」「女」の視点で!地域の防災力アップ講座』を茅ヶ崎市男女共同参画課が主催して1月24日(日)10時から開催。場所:男女共同参画推進センターいこりあ 大会議室。申込期限1月17日(月)

f:id:Kaze1952:20220115170639p:plain

男女共同参画推進センターいこりあ

(4)1月30日(土)小和田地区防災訓練の一環として、避難所運営ゲーム(HUG)を小和田地区各自治会の防災リーダーを参加者として、小和田複合施設で実施予定。午前30名、午後30名の参加予定。

f:id:Kaze1952:20220115170057p:plain

茅ヶ崎市営住宅外複合施設

2.赤松自治会防災マニュアルDRAFT配布

 赤松自治会(旧エリア住人)向けの防災マニュアルの作成準備を進めていましたが、昨年12月にDRAFT版が完成したので、旧エリアに住んでいる防災リーダーへ配布し、意見を求めています。現状ではA4版で16ページの構成ですが、一部未完成のまま配布しました。

 未完成なものは自治会内旧エリアの地図に消火器や消火栓の位置、各戸の苗字等を記したもので、総会の折に旧エリア各戸に配布しているものです。来年度の総会資料にも使用するため、鋭意編集中です。

 防災マニュアルは皆様の意見を反映させて、今年度中には完成させる予定でいますので、ご協力宜しくお願い致します。

f:id:Kaze1952:20220115165241p:plain

防災マニュアル表紙

 

3.小和田地区 公共施設の紹介

 私たちが暮らす赤松町は、茅ヶ崎市の東端に位置しているため、茅ヶ崎市の主要な公共施設の多くがある茅ヶ崎駅から遠く、恩恵にあずかる機会が少ないといえます。今回の表面記事で、赤松町の近くにある公共施設を紹介したので、詳細を記します。

(1)小和田地区コミュニティセンター(略称:小和田コミセン)YU-ZUルームから徒歩17分 

略称:小和田コミセン(市民活動・地域集会施設)

住所:茅ヶ崎市小和田1-22-60

月曜日休館 9:00〜21:00  TEL:0467-52-9016

 地域集会施設(コミュニティセンター)で、1Fには大広間(24畳)が2室、図書室(貸出可能)があります。2Fには第1会議室(50名)、第2会議室(30名)と調理室(10名)があります。

 大広間や会議室では、様々な団体が各種活動を行っています。

(2)茅ヶ崎市営小和田住宅外複合施設  YU-ZUルームから徒歩8分

略称:小和田複合施設

住所:茅ヶ崎市小和田3-2-44

・小和田児童クラブ(ピノキオクラブ):シダックスが運営する学童保育施設。定員80名 ☎︎ 51-9799

・小和田地区包括支援センター 青空 / 福祉相談室 青空 月〜土曜日 8:30〜17:00  ☎︎ 51-1171

・みんなのこわだボランティアセンター:小和田地区社会福祉協議会が運営 月・水・金曜日 9:00〜12:00 困ったことがあったら相談を。☎︎ 55-1341

・会議室(60名)  高齢者向け麻雀等の活動あります。

(3)辻堂西口YU-ZUルーム(赤松自治会内にあり)

・貸室として洋室(30名)・和室(30名)・キッチンスタジオ(20名)、コミュニティスペースetc.

備考:定員は通常時のものです。

第18号までのPDFは下記のリンクからダウンロード出来ます。

f:id:Kaze1952:20220115171911p:plain

赤松自治会だより 第18号 表面

f:id:Kaze1952:20220115172039p:plain

赤松自治会だより 第18号 裏面



Akamatsu News 第17号

 【赤松自治会だより】

 「赤松自治会だより」第17号を発行しました。久しぶりに2ヶ月連続で発行しましたが、やはりキツいかな?

1.11月度 小和田地区自治会連合会報告

(1)防災対策課/茅ヶ崎市地域防災計画(修正素案)が公表され、パブリックコメント実施。富士山噴火時の対策や風水害、大震災時の対策について。

(2)防災対策課/R3年度「防災リーダー研修会」を1月/2月で実施予定。12月24日申し込み締め切り。

(3)ゴミ集積所に設置する看板(A3サイズ)が、各自治会に配布されることになったが場所によっては設置が難しいので、要検討。

(4)各自治会報告

・赤松町自治会:自治会を4ブロックに分け、持ち回りで会長職を選出してきた。4年後の担当ブロックが住民の高齢化(70代・80代が64.7%)により、選出困難な状況との報告。

・本宿自治会:今年度の餅つき大会中止。11月21日(日)/3自治会合同給水訓練開催、その後移動式ホース格納庫と消火器およびAEDのチェック。

・赤松自治会:組長会で報告があった、ポイ捨て対策として、8の付く日に朝のゴミ拾いを有志で実施する予定。12月12日(日)感震ブレーカー説明会実施予定。

・菱沼小和田自治会:ゴミ集積所に設置の「カラスいけいけ」ネットが盗難され、警察に通報したが、二日後に近くのマンションのゴミ捨て場で発見。

f:id:Kaze1952:20211216133029j:plain 類似品写真

2.3自治会合同防災訓練を実施

 11月21日(日)10時から3自治会合同防災訓練が開催されました。今回は本宿自治会が担当で、コロナ禍を考慮し防災リーダー主体で参加者を募りました。東小和田公園地下に設置されている100t水槽から飲料水をくみ出す訓練です。一部、トラブルがあったおかげで、結果的に良い訓練になりました。

f:id:Kaze1952:20211216142828j:plain

本宿自治会新倉会長挨拶

f:id:Kaze1952:20211216142913j:plain

マンホールの蓋を開ける

f:id:Kaze1952:20211216142937j:plain

バルブが堅く最後に全開

f:id:Kaze1952:20211216143017j:plain

手押しポンプから水をくみ上げ

3.大規模マンションでの自治会活動

3−1.小和田地区自治

  赤松自治会に大規模マンション「シエリア湘南辻堂」の住民が加入して3年経過しますが、コロナ禍の影響もあり、旧エリアの住人との交流がなかなか進まない状態が続いています。そこで、小和田地区における大規模マンションと地域自治会の関わりを調査しましたので、概要を報告します。

(1)プランヴェール湘南茅ヶ崎自治

 名前が示すように、大規模マンション約100戸の住民が立ち上げた自治会で、単独で成り立っています。

 1フロア毎に戸数が異なるため、全103室を10グループに分け、出来る限り各グループに各フロアの1室が入るように分割、各グループが順番に自治会役員を担当し、任期は1年。管理組合とは別の組織で運営され、自治会役員には管理組合理事も参加。

 マンション設立から約27年間、小和田地区自治会連合会や小和田地区まちぢから協議会等の地域の会合や協議会にも参加。多くの世帯が役員を3回以上経験しており、良くまとまった組織です。

 回覧システムは無く、全戸配布以外の回覧物は掲示板に貼り出し。

プランヴェール湘南茅ヶ崎(外観)

(2)赤松町自治

 自治会内に大規模マンション2棟が下記時期に竣工
①セルテシティオ湘南辻堂/171戸:2000年11月セルテシティオ湘南辻堂(外観)

②クレストフォルム湘南辻堂/186戸:2002年2月

クレストフォルム湘南辻堂グランステージ(外観)

 2015年以降は、旧エリア2地区と併せて4ブロックに分け、自治会長を持ち回りで選出。役員は各ブロックから副会長を選出、任期は原則2年ですが、マンションの場合は理事会で選出されるため実質1年。戸建てのブロックは2年任期。餅つき大会や夏祭り等の合同イベントを毎年実施。(コロナ禍で、2020,2021年は中止)

 マンションでは必要な情報は回覧していますが、各マンションで判断し掲示板で済ませる場合もあります。全戸配布や回覧はマンション理事会で決定。

3−2.その他の事例

 その他の事例をネットで調査した結果、国土交通省が「マンションと地域の連携・共助による地域防災力の強化に関する調査研究」報告書を2015年にWEB公開していました。一例として東日本大震災における仙台のマンションでの自治会の活動例を紹介。

(1)長町街苑パークマンション自治会 /229戸:1989年3月

長町街苑パークマンション(外観)

 マンション単独で自治会発足、近隣の長町地区町内会連合会に加入。運営はマンション住人からのボランティアで行っています。

東日本大震災時、指定避難所の長町小学校は避難者が溢れ入れる状態ではな かったことから、急きょマンション 2 階集会室、1 階ロビーを自主避難所とし、マン ション 1 階の防災センターを災害対策拠点とした。

東日本大震災当時は、安否確認、情報収集・発信、炊き出し(初日から 10 日間実 施)、配食サービス、高層階で被災して生活に困る高齢者への食事の宅配等を 行った。

・また、自治会として、安否確認のためのボランティアを募集し、要援護者に対する 安否確認、室内の転倒した家具の引き起こし、買い出し等の協力行った。

・指定避難所に、高校生や大学生 3~4 名をボランティアとして派遣した。マンショ ン全体で約 20 日間、延べ 600 人を派遣。発災害時からお湯を地域に提供した。

・マンション内に自主避難所を設 置したことを連合町内会長に 報告すると、その日のうちに連合会からバナナと牛乳約 300 食分等が届けられた。

・マンション住民の勤務先関係から届いた支援物資を近隣へも提供した。

(詳細は下記報告書を参照)

https://www.mlit.go.jp/pri/houkoku/gaiyou/pdf/kkk123.pdf

5.茅ヶ崎歴史散歩 ⑩ 河童徳利

 河童徳利の伝説は、江戸時代から西久保地区に伝わり、主人公の五郎兵衛さんは実在の人物として、1824年に無くなったとされています。現在も静岡県榛原郡川根本町にお墓があり、子孫が「河童徳利」を大事に保管しているそうです。その話は・・・

 お酒の好きな五郎兵衛さんが農作業後に、馬のアオを間門川で洗っていると、アオが河童に川へ引きずり込まれそうになった。

            f:id:Kaze1952:20211216143120j:plain

 皆を呼び集めて河童を捕まえ、木に結わえると、「こどもが居るので許して」と請われ、優しい五郎兵衛さんは河童を解き放った。

 その晩、五郎兵衛さんの家に河童がお礼に現れ、いくら飲んでも満杯のままという酒の徳利を渡した。そして「底を3回たたくと酒は止まります」と言われた。それからは酒好きの五郎兵衛さんは働きもせず、毎日酒を飲んで暮らした。ある日、餌をあげずにいたアオが痩せ細っていることに気づき、徳利の底を3回たたき、酒を止めて再び働き者の五郎兵衛に戻った。・・・・と言うあらすじです。

 寒川町との境の小出川(昔は間門川)にかかる、現在の大曲橋の手前に看板が立っています。ちなみに、現存する河童徳利は胴回り約40cm、高さ21cmと言いますから、ちょっと太めの大きな徳利だったのでしょう。6合2勺入るそうです。

詳細は下記

www.townnews.co.jp

f:id:Kaze1952:20211216143159j:plain

河童徳利伝説発祥の地

季節の花

f:id:Kaze1952:20211216144500j:plain

皇帝ダリヤ

第17号までのPDFは下記のリンクからダウンロード出来ます。

 

f:id:Kaze1952:20211216144325p:plain

赤松自治会だより 第17号表面

 

f:id:Kaze1952:20211216144356p:plain

赤松自治会だより 第17号裏面